{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007486476046   整理番号:68A0203039

べき,指数,三角関数のタイブおよびδ関数の因子を含んだ関数の多次元統計的線形化

Многомерная статистическая линеаризация функций,содержащих множители степенного,показательного и тригонометрического типов,а также-функции.
著者 (3件):
資料名:
巻: 28  号: 12  ページ: 65-75  発行年: 1967年
JST資料番号: R0006A  ISSN: 0005-2310  CODEN: AVTEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
多次元の非線形の統計的解析を行左うためには,ランダムバラメータをもつ関数の統計的左線形化を行なう必要がある。本論文においては,べき,指数タイプおよび正弦,余弦,δ関数の因子を含んだランダムパラメータを持つある形の関数の統計的左線形化の係数に関する計算の方法を示した。そして線形化の係数を決める規範としては推定に関する近似誤差の最小の平均二乗を採用した。入力のランダムバラメータは正規分布として論議をすすめて,最後に他の分布の場合の正規分布の場合からのずれについて言及した;表1参8

前のページに戻る