{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007490017323   整理番号:68A0329012

ビタミンA酸 IV 動物組織からビタミンA酸の抽出法と定量法

著者 (3件):
資料名:
巻: 37  号:ページ: 73-77  発行年: 1968年
JST資料番号: F0426A  ISSN: 0006-386X  CODEN: BTMNA7  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ネズミ組織,排せつ物を70%エタノールで抽出し,エタノール抽出液を30%に希釈したのちリグロインで抽出し,K塩として精製する力法を考案した.A酸3mgを経口投与すると24時間ふん中に約10%を検出したがその後には認められなかった.消化管各部を結さつしてA酸1.2mgを注入し,その残存率を経時的に測定したところ各部で減少か認められたが小腸での減少がもっとも著明で胃,大腸の約2倍であった.結さつ小腸に注入した1.2mgのA酸は肝,じん,ひ,肺で2時間後に最高となり6時間後には大部分か消失した.2時間後の各組織中での検出量は69μgでその70%は肝中に存在していた:参14
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る