{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007491503566   整理番号:58A0056711

統一機械理論における整流の解析

An Analysis of Commutation for the Unified-Machine Theory.
著者 (1件):
資料名:
巻: 105  号:ページ: 476-488  発行年: 1958年
JST資料番号: D0382A  CODEN: PEECA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電気機械を統一した理論は,古典的方法より優れた特徴をもつ鱈二つの点で不完全である。すなわち,スリッブリングと整流子とに単純な機構を仮定し,完全整流を論じているが,これは整流の機構を完全に無視している。本文はこの機構を解明すると共に,相対的運動をする二線論の最も簡単な場合を基礎として,任意の機械および機械系に適用できる新しい整流理論を述べた。広く実験による結果を用いている
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る