{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007508872234   整理番号:58A0049529

2-メルカプトベンゾチアゾールの存在における混練および加硫の機構

Mechanism of Mill Breakdown and Vulcanization in the Presence of 2-Mercaptobenzothiazole.
著者 (3件):
資料名:
巻: 31  号:ページ: 348 - 352  発行年: 1958年
JST資料番号: E0020A  ISSN: 0035-9475  CODEN: RCTEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
チアゾール環中のいおうをS35で標識した促進剤Mを用いてゴムの混練および加硫を行い,それらの操作中にゴムと結合することにより消費されるMの量,結合いおう量および交さ結合密度を測定することによって,Mの存在下におけるゴム分子の可塑化および加硫の機構を解析: Doklady Akad Nauk 112449-452の英訳
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る