{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007512892789   整理番号:68A0189182

長繊維紙の最大気孔径の測定

Определение максимального диаметра пор в длинноволокнистой бумаге.
著者 (1件):
資料名:
号:ページ: 15-16  発行年: 1968年
JST資料番号: R0021A  ISSN: 0007-5817  CODEN: BUMPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
顕微鏡写真による方法と従来からある湿紙を通して空気を通し。現われる気ほうによる方法とで紙中の最大気孔径を測定する方法を比較した結果,前者がよの正確な値をうることがわかった。各種の製造紙の管理に使えば紙の坪量および厚さと最大気孔径との関係を知ることができる。測定対象はKanpoH(ナィロン6)繊維100または95部と綿繊維0または部部を混ぜ,ラテックス双M酸Aまたはポリアミドで接着させた長繊維紙で,上記2方法による最大気孔径の測定値を坪量,厚さのデータと共に比較検討;写図2表1参4
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る