{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007529449927   整理番号:60A0112177

アルミニウム合金およびステンレス鋼の半自動ならびに自動プラズマ切断

Полуавтоматическая и автоматическая плазменная резка алюминиевых сплавов и нержавеющей стали.
著者 (3件):
資料名:
巻: 1960  号:ページ: 31-32  発行年: 1960年
JST資料番号: R0107A  ISSN: 0491-6441  CODEN: SVAPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
従来使用されている切断ハーナーИМЕТ-105型をプラズマ切断方式に設備変えをし,Al-Mn合金АМг5とАМг6Тおよびステンレス鋼1×18H9Tの切断試験を行なった結果,この方法による溶接部の強さは他の方法によるものと大して差異はないが,労力は10倍近く軽減され,材料の消耗は30%減少している.また,使用ガスを窒素のような安価なものにすれば経済的にも有利であることがわかった;写4表2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る