{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007540287858   整理番号:68A0184660

ポリオレフィンの引張リクリープデータ

Presentation of tensile creep data for polyolefins.
著者 (2件):
資料名:
巻: 32  号: 360  ページ: 1250,1251,1253,1255,1256  発行年: 1967年
JST資料番号: D0335A  ISSN: 0032-1125  CODEN: PLALA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
広範囲の温度にわたって持続時間が変化しながら連続的または断続的に応力を受けるような所にポリオレフィン製品が使用されることが多くなった。典型的な例として,低密度ポリエチレンによる冷水タンク,高密度ポリエチレンによる消火容器,ポリブロピレンによる自動車エンジンの冷却ファン,プロピレン共重合体によるびんなどである。これらのポリオレフィン類に対して23°Cにおける引張りクリープ曲線,等時性応力/ひずみ曲線,応力/温度曲線(各種長時間に対して)その他のデータを多数グラフで紹介。外そう技術の説明,提示されたデータの使い方なども説明;写図12 参6
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る