{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007545634815   整理番号:68A0334349

自律神経薬剤および各種ホルモン剤のウサギこう丸酸素消費ならびにけん気性解糖に及ぼす影響

著者 (1件):
資料名:
巻: 30  号: 11  ページ: 1163-1187  発行年: 1967年
JST資料番号: F0979B  ISSN: 0368-5810  CODEN: KIZAAL  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
題記について検討した結果,酸素消費に及ぼす影響としては(1)自律神経薬剤および各種ホルモン剤で検したが,いずれも抑制を示した.(2)男性ホルモンは高濃度で抑制,低濃度で軽度促進した.(3)副甲状せんホルモンは高濃度で軽度促進,低濃度で抑制した.(4)ヒポホリン,ACTHは影響を示さなかった.また,けん気性解糖に及ぼす影響としては(1)自律神経薬剤および各種ホルモンはいずれも抑制を示した.(2)アセチルコリン,甲状せん刺激ホルモンは促進を示した.(3)エピレナミンは高濃度て抑制し,低濃度で軽度促進した.(4)ヒポホリン,ACTH,インシュリンは影響を示さなかった:参62

前のページに戻る