{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007558156920   整理番号:68A0160401

ジアゾキシド:ラットの胆汁分泌抑制薬とすい液分泌促進薬

Le diazoxide mode,rateur de la chole.re,se et acce,le2-rateur de la secretion pancreatique du rat.
著者 (5件):
資料名:
巻: 172  号:ページ: 442-452  発行年: 1968年
JST資料番号: B0025A  ISSN: 0003-9780  CODEN: AIPTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ベルギー (BEL) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ラットにおいてジアヅキシドはすい液分泌を促進した。分泌されたすい液のたんぱく濃度は不変であり,従ってたんぱく流出量は増大した。これはアミラーゼ分泌に相当すると言えよう。一方,胆汁分泌はジアゾキシド投与の直後わずかに増加するが,後減少し,3時間後には対照よりも30%低値を示す。またビリルビン濃度は著しく上昇するので,ビリルビン流出量は対照の正常値の範囲内にあるこれらの実験結果を,ジアゾキシドの血圧低下作用と血糖上昇作用との関連において論じた;表2参33

前のページに戻る