{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007570875452   整理番号:68A0309781

人における呼吸および血流変化に及ぼす前庭コリオリ反応の影響

EVffect.Kof-vestibular coriolis reaction on respiration and blood-flow changes in man.
著者 (1件):
資料名:
巻: 39  号:ページ: 837-844  発行年: 1968年
JST資料番号: D0016C  ISSN: 0001-9402  CODEN: AEMEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
被検者を水平回転椅子に固定し,30回転/分で5~8分回転した後,頭を機械で自動的に前後に動かして前庭刺激を負荷し血液流量,呼吸量,率,終末呼気炭酸ガス濃度を継続的に,動脈血PH,炭酸ガスを負荷前後測定。分時換気量,血流,PHは増加,終末呼気CO2,血中CO2の減少する。前庭刺激の停止後10~12分で血流,分時換気量は正常またはそれ以下に回復。以上の所見は前庭刺激が血管迷走神経失調を起こし,“G”耐性の減少を招くことを示唆すると結論;写図3表4参86
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る