{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007571052468   整理番号:68A0105165

空気指示機構の調査

Research on pneumatic suspension systems:A study of diverse prototype equipments effected by the S.N.C.F vitry tests station.
資料名:
巻:号:ページ: 149-153  発行年: 1966年
JST資料番号: C0131A  ISSN: 0016-1101  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
フランス国鉄ヴィトリイ試験所で,既に日本の鉄道で成功している空気ばね支持装置について調査するため,日本製の空気ばね,ベロース型,ダイアフラム型の2種類を使い,静的には同試験内の精密な水圧機で,また動的には3種類の客車に補助指示機構として取付けて試験を行なった。空気ばねの縦や横方向の柔軟性や負荷と空気源との関係を課題に理論と試験結果から調査分析している;写6図3表3
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る