{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007573116226   整理番号:68A0021151

断熱衝突の場合のアルカリ金属原子の微細構造成分間の非弾性遷移 I 一般論

Inelastic transitions between the fine structure com-ponents of alkali metal atoms in case of adiabatic collisions.I.General theory.
著者 (1件):
資料名:
巻: 22  号:ページ: 379-384  発行年: 1967年
JST資料番号: H0143A  ISSN: 0030-400X  CODEN: OPSUA3  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
衝突する2Pj状態の原子の微細構造成分の間の遷移の断面積の計算の一般的方法を述べる。衝突は断熱的であると仮定し,この近似により断面積に対する古典表式への量子論的補正を決定した;参10

前のページに戻る