{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007586335075   整理番号:68A0016625

27Al(d,n)28Si反応における荷電アナログ状態の励起

Excitation of isobaric analogue states in the iAld naSSi reaction.
著者 (3件):
資料名:
巻: 106  号:ページ: 455-463  発行年: 1967年
JST資料番号: D0209A  ISSN: 0029-5582  CODEN: NUPHA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: スイス (CHE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
27Al(d,n)反応を高分解能で測定した結果,主にS1/2遷移を通じてT=0状態が5本とT=1状態が4本発見された。光学因子の絶対値が,French Macfarlaneのアイソスピン和法則を満足していることが分った。T=0とT=1成分の重心は3.5±0.3MeVたけ離れていた。比較のため,Al(d,n),Al(d,p)反応の既に発表された分解能の悪い実験から求めた光学因子も示してある。重陽子エネルギーは2.980MeVてあり,28Siの各準位のJ.π.Tも決定した;写図2表2参19
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る