{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007608154185   整理番号:68A0023192

質量数24~48の領域の準位密度パラメータ

Level density parameter in the mass region 24-48.
著者 (2件):
資料名:
巻: 110  号:ページ: 317-320  発行年: 1968年
JST資料番号: D0209B  ISSN: 0375-9474  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
中性子エネルギー14.2MeVの残留核が質量数で24~48の領域になるいくつかの(n,p),(n,α),(n,2n)反応の断面積を準位密度パラメータa=1/8Aを用いて統計模型により計算した。以下の反応に計算値をmbで示すと,27Al(n,p)27Mg→82.3,42Ca(n,p)42K→203.1,43Ca(n,p)43K→78.7,44K→13.4,41K(n,p)41Ar→20.1,27Al(n,α)24Na→45.3,44Ca(n,α)41Ar→1.4,41K(n,α)38Cl→33.4,48Ca(n,2n)47Ca→1010.139K(n,2n)38K(g,s)〓6である。これらの値を実験値と比較して,この質量の領域では準位密度のパラメータα=1/8Aがほぼ正しいということが知れた;表1参16
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る