{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007616733178   整理番号:68A0087428

大型船構造部材ウュブの座屈について

著者 (1件):
資料名:
号: 469  ページ: 318-323  発行年: 1968年
JST資料番号: G0174A  ISSN: 0386-1597  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1965年項7~15万トン級の大型タンカーで水圧試験時あるいは公試運転時に船体構造部材のウェブに座屈事故が発生し,これを契機としてウェブの座屈に関する研究が各機関で進められたが,本文はその概要を述べた。ウブの座屈は,トランスリングの縦通材貫通切欠部付近,けたの端部,制水隔壁の開口部などの座屈に大別され,それぞれにつきウェブの板厚とせん断力の関係が検討され,NK規則の緊急措置に続いて,実船のけたウェブの応力分布,切欠を有するけたウェブの座屈強度などの研究結果を取入れた,新規則の改正が進められていること,部材ウェブの座屈強度,特にせん断力の重要性が認識されたことを述べる;写図6参5
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る