{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007618601961   整理番号:68A0172631

吸着剤による煙道ガス中のS02除去法

Antipollution process uses absorbent to remove SO z.from flue gases.
著者 (1件):
資料名:
巻: 75  号:ページ: 70-72  発行年: 1968年
JST資料番号: B0251A  ISSN: 0009-2460  CODEN: CHEEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
三菱重工は重油燃焼発電プラントから出る220-mのの煙道ガスの25鴫を処理する脱硫装置の運転を開始。本工法はSO2ガス吸着剤として酸化マグネシウム(MgO)を使用し,SO2とSO3を硫酸マグネシウムとした後空気とアンモニアで酸化しMgOを再生するとともに硫安を副生。S含有量の90%以上を除去でき吸着剤が長寿命ゼ圧力低下が少なく運転コストが低いなどの特徴がある;写図4
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る