{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007626453122   整理番号:60A0012634

核子形状因子に関する実験結果と強い相互作用の若干の対称性の間の矛盾

On a contradiction between experimental results on nucleon form factors and certain symmetries of strong interactions.
著者 (2件):
資料名:
巻: 18  号:ページ: 203-205  発行年: 1960年
JST資料番号: D0214A  ISSN: 0369-3546  CODEN: NIFAAM  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: イタリア (ITA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
これまでに提案された,強い相互作用がN-Θ対称性を持つならば,核子および重核子の荷電スカラー電磁的形状因子に対するπ中間子中間状態の寄与が強い相互作用のすべての次数で消えることを指摘する

前のページに戻る