{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007632733420   整理番号:68A0357895

みそ工業の廃水処理及び利用に関する研究 IV 酵母による大豆煮汁の処理(2)

著者 (2件):
資料名:
号:ページ: 17-20  発行年: 1968年
JST資料番号: G0595A  ISSN: 0910-2493  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
前報で選択したTorulopsis xylinusの煮汁における菌体収量からみた培養条件を検討した.(1)煮汁の濃縮は原液の1/3が限度である.(2)20l容発酵そうに5lの濃縮煮汁を入れ,30°Cで250r.p.m.,2v.v.m.の通気かく拌を行ない,T,xylinusを培養すると対液3%の乾燥菌体収量を得ることができる.(3)培養後期に培地のpHが上昇する原因としてアンモニア量,アルカリ金属,アルカリ土金属の含量を測定した:参8

前のページに戻る