{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007645417200   整理番号:68A0297688

電子計算機導入の目的及び利用状況

著者 (1件):
資料名:
号: 490  ページ: 58-62  発行年: 1968年
JST資料番号: G0113A  ISSN: 0022-7803  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
瀬戸内海,沖縄を中心とする旅客,貨物輸送および東南アジア方面への貨物輸送を主とし,内外の定期・不足期航路事業をあわせ営む特殊な経営形態をもっ関西船会社が,40年7月ACOM230・10型電子計算機を導入,経営の諸質料を迅速に入手できる体制をとりはじめてから現在にいたるまでの結果について報告。機械化構成人員システム設計と機械対象業務の分析,船賃・運航費・店費など統計実務,減価償却計算業務および船舶税計算業務。陸員給与計算業務営業用資料作成業務,などについて記述;写図2表1
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る