{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007645426764   整理番号:68A0323806

硝酸溶液中における亜硝酸塩によるのおよび仙価状態への還元

Reduction of plutoniumVI to plutonium V IV and III by nitrite in a nitrate system
著者 (1件):
資料名:
ページ: 1-10  発行年: 1968年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 原著論文  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Puが6価状態にある硝酸溶液中に,亜硝酸ナトリウム,硝酸ウラユルおよび8価の鉄イオンを加えたとき,Puイオこ/の価電状態は,温度,時間,硝酸濃度などによってどのように変化するかを,分光光度計を用いて研究した。この結果,稀硝酸溶液(0.2M)中においては,初め8および4価イオンは5および6価イオこ/に比べ少ないが,時間の経過とともに還元反応が進行し,8および4価イオンが多くなり8,4,5および6価イオンが共存するようになる。この傾向は,温度上昇とともに早められ,60°C,80minの条件では,8価81φ,4価が161,5価が1φ,6価が2・56になるまで反応か進行する。次にこの還元反応は硝酸,硝酸ウラエル,稀硝酸溶液内での硝酸ウラユル,硝酸ナトリウムおよび鉄イオンの各濃度を増加させると急速に進行した。しかし,これらの条件では,最後のイオン状態として8価は不安定となり,4価イオこ/が大量に生じた。以上の実験を通して,亜硝酸塩によるPuの還元には,硝酸濃度が1.5M以下で,温度が45’C以上の条件が適していることを確認した;表4参5(古屋 広高)
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る