{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007647272756   整理番号:68A0193316

製紙工場での高分子電解質による汚水清澄化

The use of polyelectrolytes for water clarification in the paper mill.
著者 (1件):
資料名:
巻: 154  号:ページ: 88,90,92  発行年: 1967年
JST資料番号: D0281A  CODEN: PAMAB   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
水の再使用の必要性が叫ばれている現在,実用的高分子凝集剤の価値が問題となる。天然高分子物もポリエチレンイミン,ポリアミド,アクリルアミドなどで代用され,水清澄化の改善により抄紙品質向上や不経済な廃液処理の軽減を達成することが可能。それら凝集効果の要因として高分子の対粒子表面吸着力があげられる。したがって,橋かけ凝集促進には電解質添加や溶液pHの調整が必要である。一方陽イオン性ポリアクリルアミドのようにpHやみょうばんの条件に無関係で多目的使用ができるものもある。その他共重合による特性改善物も市販されている。一般的使用法についても記述;写図3 参2
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る