{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007650476931   整理番号:68A0274733

木さくの製造法

Serienfertigung von HolzzSunen
資料名:
巻: 59  号: 1516  ページ: 16-1719-22  発行年: 1968年
JST資料番号: E0423B  ISSN: 0020-9422  CODEN: INHKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: オーストリア (AUT) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
西独では家の周囲に多くの木さくをめぐらす。木さくには斜め型,横木型,垂直型などその構造によって7種に分けられる。これらの材料は小径木から得るが,木さくの構成材料としては格子材4/5~7/8cm直径で0.6~1.5m長の針葉樹,横木には7/9~11/13cmの直径,2~4m長の針葉樹,柱には横木と同じ位の寸法の針葉樹,広葉樹材を用いる。製造工程は原木を長さ決めし,はく皮,丸のこで切断する。柱の場合には先端をくさび型に加工する。生産する材も必要に応じて円,半円,三角,四角の断面とする。生産能率は木さくの構造によって異なる;写図3
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る