{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007669680289   整理番号:68A0071481

中性子のスパッタェジェクシンに関する論文についての評言に対する著者による最終コメント

Closing comments by the author
著者 (1件):
資料名:
巻: 14  号:ページ: 69-70  発行年: 1968年
JST資料番号: B0035A  ISSN: 0004-6205  CODEN: ASACA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
中性原子のスパッタを利用する推進方式についてすでに述べたが,ここでは,測定法その他の詳細に関して補足する。速度測定法,すなわち,ターゲットが受ける力を,毎秒の質量損失で割って求める方法は,十分信頼度の高いものであり,ドップラーシフトその他による方法は,誤差の入る余地が多い。もう一つの疑問点として,10keV のセシウムイオンによりスパッタされる原子数が多過ぎるという点が指摘されているが,Cheneyによればキセノンイオンとクング,ステンの場合で8個/イオンという結果が得られており,その他の文献を参照しても,特に多過ぎることはない;参7
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る