{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602007670624520   整理番号:58A0059038

自動車坦信用チャネルの酬分

Utilizing the New Split Channel Mobile Frequencies.
著者 (1件):
資料名:
巻: 68  号:ページ: 24-27,47  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0264B  CODEN: ELOTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
米国では,1963年以後すべての受信機は新狭帯域チャネルに適応しなけれぱならないことが決定した。周波数間隔は25~50Mc帯で40→20kc150Mc~162Mc帯で60kc→30 kc,或いはさらに15kc間隔である。細分したチャネルの篭波に要求される裕度,FM方式とAM方式のS/N,細分する以前の受信器の収造問題などを論じた
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る