{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007673412981   整理番号:58A0030038

アルキル化触媒としての金属塩化物水溶液の使用

Chimie organique-Utilisation de chlorures metalliques en solution aqueuse comme catalyseur d’alcoylation.
著者 (1件):
資料名:
巻: 246  号: 25  ページ: 3477-3478  発行年: 1958年
JST資料番号: B0303A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
塩化亜鉛または塩化第二鉄などの水溶液は無水の状態よりも触媒作用が強い。これによってベンジル,シクロヘキシル,イソプロピルおよびエチル基とベンゼンを反応させることができた
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る