{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007699290280   整理番号:68A0035775

相互作用するスピン波の自己無どう着理論による有限温度で秩序配列した磁性体の記述 A 理論的研究

Description a temperature finie de corps magnetiquement ordonnes par une theorie self-consistante d’ondes de spin en interaction. A. Etude theorique.
著者 (1件):
資料名:
巻: 29  号:ページ: 694-704  発行年: 1968年
JST資料番号: C0336A  ISSN: 0302-0738  CODEN: JOPQA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
スピン波の調和項のみをとる近似とそれらの低温での相互作用に関するこれまでの結果を用いて,有限温度で相互作用するスピン波の自己無どう着理論を確立し,それよりスピン波のエネルギー分散と自発磁化の温度変化を計算した;写図3参10

前のページに戻る