{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007701438916   整理番号:68A0244102

リムド鋼の凝固現象に関する研究涯リミングアクションの強さに及ぼすガス発生量の影響

著者 (3件):
資料名:
巻: 54  号:ページ: 75  発行年: 1968年
JST資料番号: F0332A  ISSN: 0021-1575  CODEN: TEHAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 予稿  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
模型鋳型内に水などを満し,容器の側壁に向けて壁の底部から空気を吹込み,かくして生じた隆起高さを空気吹込量などを変えて測定することによ参,リミングアクションによるCO2発生量と表面の隆起高さの関係を検討した。流体力学的な近似計算法を求め,この値が実測値とよく一致する;写図2

前のページに戻る