{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007702497681   整理番号:68A0154171

ラット耳下せんのリボヌクレアーゼとリボヌクレアーゼ抑制因子とその分泌

Ribonuclease and ribonuclease inhibitor of the rat parotid gland and its secretion.
著者 (3件):
資料名:
巻: 243  号: 12  ページ: 3441-3446  発行年: 1968年
JST資料番号: E0038A  ISSN: 0021-9258  CODEN: JBCHA3  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ラット耳下せんホモジネートと耳下せんだ液にはリボヌクレアーゼ活性があり,ホ紙ジネートには抑制因子がある。抑制因子をSH阻害剤か熱で不活性化すると,pH5.6-8.0で活性が上がり,pHに対する活性曲線の形は耳下せんだ液のそれと同一で,PHと6と7.8にビークを示した。耳下せんだ液のリボヌクレアーゼ活性はアクリルアミ撃ゲルの電気泳動でだ液のデオキシボボヌクレアーゼと分離する。催だ剤で刺激すると,だ液にリボヌクレアーゼ活性が生ずるに従って,耳下せんの活性は減少する。リボヌクレアーゼは耳下せんの分泌酵素と結論;写図5表4参37
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る