{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007719451952   整理番号:58A0060656

工業用送信管

Industriebetrieb von Senderohren.
著者 (1件):
資料名:
巻: 13  号:ページ: 17-19  発行年: 1959年
JST資料番号: B0465A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
工業用発振管の動作は通信に使用する場合とかなり異なっているため,これに応じた開発が行なわれている,このためにはどのような真空管を選ぶかということと管球を軽ろうな構造につくることが大切.例えばFTL.8-1やQ400-1などが代表例で,これらの陽極を交流動作させた時に得られる出力特性の一般式を導出した
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る