{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007736184011   整理番号:68A0048640

バーティクルボード製造に廃材利用の経済効果

Непрерывное прессование строительных погонажных изделий из древесностружечной массы.
著者 (2件):
資料名:
巻: 17  号:ページ: 13-14  発行年: 1968年
JST資料番号: R0024A  ISSN: 0011-9008  CODEN: DVPYA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
バーティクルポードで建築用部材を連続成型するのに押出威型伝を用いる。この装置の運転法は樹脂をまぶしたパーティクルをホッパーから入れ上方からプレスシリンダーで押し,次に水平シリンダーで熱硬化をはかるための炉に押出す。この場合マットが通路を移動する時に摩擦を生じるので,圧力と摩擦係数の関係を調べるためストレンゲージを利用した。種々の形状率のチップにゥレア樹脂を混合したものを用いた。実験の結果この様な連続押出成型法に用るる樹脂含浸チップの樹脂率は12-15%以下,押出し圧力は4.5~9×10H/m2にする事,摩擦係数と側圧は含脂率,温度等に依存する;写図3
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る