{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007775418763   整理番号:68A0211022

多層超電導コイル中の磁束ジャンプと内部現象(英文)

著者 (3件):
資料名:
巻:号: 34  ページ: 187-216  発行年: 1967年
JST資料番号: G0044A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
二本の超電導線および一本の銅線を並行にしてソレノイドを作る。超電導線からは電圧タップを出し,その電圧測定中に現れる磁束ジャンブを測定した。その結果電流掃引の割合が速いと臨界電流値近くで大きなジャンプが出ること,電流値が比較的小さい時は数多くの小さいジャンプが出る。電流減少の場合は同様のジャンプが出る。これらの磁束ジャンプが現れる原因はNb-Zr超電導体の磁化にその原因があ,同一方向の励磁を何度か操り返して行なうと,臨界電流値が増加して行くのは磁化より良く説明できる;写図22参6
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る