{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007780500834   整理番号:68A0091746

小特集・動力伝達装置とエンジン IV 自動変速機付2エンジンの問題

資料名:
発行年: 1968年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 文献レビュー  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
トルクコンバータまたは流体カツプリングの流体要素は原動機に組み合わせた場合,広い範囲にわたつて高い効率とトルク比が得られるように,原動機の特性に適合した入力軸トルク特性およびトルクの容量を与え,しかも原動機の性能を十分発揮できるように選定しなければならない。入力軸トルク容量の異なる相似特性のトルクコンバータを特定の原動機と組合わせる場合,原動機トルクに比べてトルクコンバータの入力軸トルク容量が大きすぎる場合は作動範囲が狭く,広い運転領域によたって高い効率が得られる。また高速で走行する場合は比較的長い周期のうなり現象を発する;写図9
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る