{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007782795440   整理番号:68A0154149

インフルエンザウィルスの細胞受容体としてのノイラミン酸

Нейраминовая кислота как клеточный рецептор вируса гриппа.
著者 (1件):
資料名:
巻: 32  号:ページ: 994-999  発行年: 1967年
JST資料番号: R0017A  ISSN: 0320-9725  CODEN: BIOHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
インフルエンザウィルスの非溶離Bar株と急速溶離Kop株のノイラミニダーゼ活性は等しく性質も似る。ウィルスの溶離能とノイラミニダーゼ活性とは直接的関係なし。Bar株は赤血球表面に少くとも2型の受容体により維持され,その一つはノイラミニダーゼに対する感受性なし;図1表3参19
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る