{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007784306692   整理番号:60A0118976

低マンガン銑による屑鉄法へのマンガン鉱石の使用

Применение марганцевой руды при скарп-процессе на маломарганцовистых чугунах.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 16-18  発行年: 1960年
JST資料番号: R0069A  ISSN: 0026-0827  CODEN: METGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
平炉において0.2%より少ないMnを含む銑鉄を用いて屑鉄法を行なう場合,フェロマンガンの代わりにマンガン鉱石(MnO40-63.2%)を用いるとスラグ中の一酸化マンガンを増して脱硫反応を活発にし,製品鋼のMn含量が上ると共にS量が下るので,その結果38.6%におよぶ脱酸用フェロマンガンの節減が実現した;表1
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る