{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602007789002454   整理番号:58A0067427

Al-Mg-Zn合金の時効硬化におよぼすCrの影響

Zur Aushaertungskinetik einer Aluminium-Magnesium-Zink Legierung mit und ohne Chromzusatz.
著者 (1件):
資料名:
巻: 34  号: 12  ページ: 694-699  発行年: 1958年
JST資料番号: A0359A  ISSN: 0002-6689  CODEN: ALUMAB  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
0.2%のGrをAl-Mg(3.5%)-Zn(6.2%)合金に添加し,引張強さ,伸び,電気伝導度などの測定を行なって時効硬化に与える影響を観察した:引用文献17
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る