{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007792051148   整理番号:68A0196007

シャットル内部の装置の改良

Verbesserung der Webschutzeninneneinrichtung.
著者 (1件):
資料名:
巻: 85  号: 12  ページ: 1279-1280  発行年: 1967年
JST資料番号: D0257B  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
織機の回転数が増すと共に,シャットルの各部に傷みが生ずるのが目についてくる。従って糸管のは持機構や糸のガイド機構などは各部に不利な条件が発生しないよう変える必要が生じてくる。そこで次のような諸点が満足される糸管は持機構を紹介。一(1)管替えの場合,は持機構の開放が,コーン状の導入口により緩やかに行なわれる。(2)糸管は背丈の高い,コーン状の柄により中心部に配置され,管替えの時のエナルギー消費量は,より少くなる。(3)は持機構の保持力は柄を高くすることによって強められる;写図8
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る