{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007801787888   整理番号:68A0262295

アムダリア上流沈降域南部におけるジュラ系と白亜系の境界

О границе между юрской и меловой системами в южной части верхне-амударьинской депрессии.
著者 (3件):
資料名:
巻: 11  号: 10  ページ: 37-47  発行年: 1968年
JST資料番号: R0161A  ISSN: 0038-5069  CODEN: SVGLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
この境界についてはこれまで議論が多かったが,アフガニスタン北部で行なわれた石油ガス調査の結果などから,各柱状の動物化石,胞子,花粉分析結果などを対比して,本沈降城周辺に鉛いても境界を確定することができた。一般的にジュラ紀のたい積盆地は海退的特徴を有し,ジュラ紀末には広域にわたって盆地はラグーン化し,気候は熱帯性となった。そのためジュラ紀末の地層は赤色のラグーン陸成層によって特徴づけられる。ネオコミアン期に入ると新しい海進が始まり(西および北西より),この盆地はきわめて湿溝気候となり,たい積活動も盛んになちた;写図3参13
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る