{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007802681250   整理番号:68A0059678

熱回収ボイラの開発

Hatreovery boiler developmenfce
資料名:
巻: 34  号:ページ: 40-42  発行年: 1968年
JST資料番号: B0385A  ISSN: 0012-2602  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Cleaver-Brooksでは往復動機関用およびガスタービン用熱回収ボイラを開発した。なかでも熱伝達管はCleaver-Brooks社の特許になるもので,この熱伝達管はガスの乱れを発生させるために,くぼみをつけたものであって,圧力降下が最小であるように,また同一状態で一般のプレーン管の熱伝達率以上に高い熱伝達率を得るようにしたものである。この管はらせん状に管表面へくぼみをつけており,管内を通過するガスはこのくぼみにより乱れを起るようになっている。管表面積は特にくぼみによりプレーン管に比べて増大はしてない;写図5表1
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る