{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007802916541   整理番号:68A0284497

座標計および角観測用装置に反転式光電管を利用する可能性えの調査

Investigation of the possibility of using an inversion photocell in coordinator and angletransducer systems
著者 (3件):
資料名:
号:ページ: 200-203  発行年: 1968年
JST資料番号: B0043C  ISSN: 0016-7088  CODEN: GEAEB   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最近ソ連を始め各国の文献で光電管を測量作業に利用する事例が多く掲載されるようになつて来た。ここでは光電管を使用してその縦方向の光電効果を利用する,光電管の反転効果の応用を研究した結果を示し,これが高級精密測定にも十分利用できると述べている;図9参7

前のページに戻る