{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007805544874   整理番号:68A0320008

結晶内でのエネルギーをもつ粒子の運動

Motion of enegetic particles in crystals.
著者 (4件):
資料名:
巻: 17  ページ: 129-188  発行年: 1967年
JST資料番号: B0017A  ISSN: 0066-4243  CODEN: ARNUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
結晶内の対称軸近くをエネルギーをもつ粒子が動くとき,その軌道は結晶構造の影響をうける。ここでは,その結晶構造が粒子の軌道におよぼす効果について述べる。まず(1)一般理論として格子内およびチャネル内の粒子の運動,原子間ポテンシャル,摩擦によるエネルギー損失,電子によるエネルギー損失,についてやや詳しく解説し,具体的な現象として,(2)重いイオンの飛程,(3)薄い結晶の粒子の透過,(4)核反応,X線収量,放射線損傷,(5)Rutherford散乱結晶側からの粒子放出,(6)放出粒子の空間分布を得る方法などをとりあげて実験,理論の現状を報告する;写図28 表4 参138
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る