{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007819501744   整理番号:68A0219663

電子オルガンを自然音に同調させる

Putting electronic organs in tune with natural sound
著者 (1件):
資料名:
巻: 41  号: 13  ページ: 100-102  発行年: 1968年
JST資料番号: B0455B  ISSN: 0013-5070  CODEN: ELECA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
従来の電子オルガンに用いられている,ハートレー発振器とマルチバイブレーターによるきょ歯状波は,帰線時間が早いために,うなりを生ずる。これを緩和するための改良回路について述べる。さらに再設計を行うことにより,きょ歯状波ないし正弦波にごく近い波形を発生する回路が得られ,これは高調波成分を含み,パイプオルガンのような感じを与える;写図2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る