{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007840729062   整理番号:68A0099008

海陸複合輸送における輸送主体者 コンテナ輸送と集貨の問題 II

著者 (1件):
資料名:
号: 482  ページ: 15-22  発行年: 1967年
JST資料番号: G0113A  ISSN: 0022-7803  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ドアツードアの海陸複合輸送での陸海陸を通じて競争が行なわれ,海上輸送における競争は,比較的マイナーであり,主力の競争は陸上輸送において展開される。シーランド社/ペンシルバニア鉄道が計画した「ランドシップ」計画に見られる海陸複合輸送メカニズムが陸上輸送に重点を置いているものもそのためである。従って,コンテナそのものだけを極端に抽象して眺め,コンテナのもつ有利性(荷役の機械化,船舶運航の回転率の向上など)のみを頭に描いて,陸上輸送における集貨競争に敗退する結果を招くようであれば,ドアツードアのコンテナ貨物をルートに載せられなくなろう;写図1 参16
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る