{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007841259779   整理番号:58A0002928

原子力装置からの放射危険を安全な規準で防御する

Atomic Age Radiation Hazards Stiffen Piping Safety Standards.
著者 (1件):
資料名:
巻: 31  号:ページ: 134-137  発行年: 1959年
JST資料番号: C0110A  ISSN: 1527-4055  CODEN: HPAOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
配管方式のプリファブリケーションと設計において,技術者は放射能被害による失敗を防ぐために使用される配管材料のや金学を考慮せねばならない.この放射は普通焼なましの影響を金属に与えかたさを増す.腐食を防止するためにニオビウムで安定されたタイプ347ステンレススチールが溶接性を考えて使用されている。その他漏れの問題にもついて
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る