{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007841865946   整理番号:68A0097472

安全なラジアルプライ

Safety is radial.
資料名:
巻: 48  号: 12  ページ: 1315-1316  発行年: 1967年
JST資料番号: E0019A  CODEN: RUPAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
自動車が事故を起すのはドライバーと交通事情によるものだと言えるほど今日では安全になっている。タイヤの設計者はぬれた道路で正確に運転してゆくのに困らないような設計を望み,これを達するためにラジアルプライに切りかえるよう努力している。ラジアルプライは欧州大陸では約80%,英国ではもっと少なく米国でも同様に少ない。これらの国ではクロスプライが使われている。ラジアルタイヤは高い振幅の振動を起こし,不快な音を出す。これは垂直方向よりもたて方向や横方向にかける振動のためである。この振動はゴムのブシュで防止可。各種利点を紹介;写図3表1

前のページに戻る