{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007846503449   整理番号:68A0200656

離散的関数の模擬装置

Устройство для моделирования дискретных функций
著者 (3件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 77-81  発行年: 1968年
JST資料番号: R0150A  ISSN: 0021-3454  CODEN: IVUBA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
いろいろな自動制御の回路では,いわゆるサンプル値制御がおこなわれることが多い。このような制御系をアナログ計算機によって計算するときには,このような制御系をアナログ計算機によって計算するときには,このサンプル化すなわちある連続的に変化する量のある時期に相当する部分をとりだす機能が必要である。このようなサンプル化は数学的には,離散的(ディスクリート)な関数で表わされるが,電子回路では真空管を用いて実現した。サンプル値制御はZ変換で解析されるが,この装置は一つの時間おくれに相当する回路と,これを加算する回路から成る;写図2参6
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る