{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007848702554   整理番号:60A0046149

臨時ロケット機関をつけたX-15によって得られた最高高度の測定

Measurement of the maximum altitude attained by the X-15 airplane powered with interim rocket engines.
著者 (2件):
資料名:
巻: 1960  号: D-623  ページ: 1-12  発行年: 1960年
JST資料番号: B0433A  CODEN: NASCA   資料種別: 技術報告 (T)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1960年8月12日にX-15が臨時ロケット機関をつけて,飛行可能の最高高度の試験を行なったが,そのときの最高幾何学的高度を求める方法の記述.幾何学的高度は,地表に底辺をもつレーダの測定結果に地球の曲率の修正を行なって求め,圧力高度は工GAO標準大気のU.S.拡張を用いて求めた.この場合制圧の修正は風胴実験の結果から求めた.結果によれば,最高の幾何学的高度は136,500士600ftで,最高圧力高度は133.900ftである;写1図4参8
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る