{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007854835647   整理番号:68A0330746

アングストマイシンC存在下におけるEscherichia coliによるキサントシンの蓄積

著者 (3件):
資料名:
巻: 32  号:ページ: 197-202  発行年: 1968年
JST資料番号: G0021A  ISSN: 0002-1369  CODEN: ABCHA6  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アデニンに異常六炭糖サイコフラノースが結合しているアングストマイシンCのE.coliに対する作用を研究.この抗生物質はDNAおよびRNA合成を強く阻害し,培地中にキサントシンの分泌をうながした.その間に菌体中のイノシン-5′-りん酸デヒドロゲナーゼの活性は正常時の約6倍に増加した.この現象はアングストマイシンCはキサントシン-5-りん酸アミナーゼを阻害し,その結果グアノシン-5′-りん酸の合成が阻害されたためと考えられる.若干の条件の改良によってアングストマイシンC存在下にE.coliのキサントシンの蓄積量は940μg/mlに達した:参16
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る