{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007881098719   整理番号:68A0115888

チタン,ジルコニウム,ハフニウムのアルコキシダの核磁気共鳴と氷点降下法

Nuclear magnetic resonance and cryoscopic studies on some alkoxides of titanium,zirconium,and hafnium.
著者 (2件):
資料名:
号:ページ: 1316-1319  発行年: 1968年
JST資料番号: B0607A  CODEN: JCSIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
チタンのエトキシド,n-プロポキシド,n-ブトキシドは溶液中でかなりの温度および濃度範囲で三量体と壕り,末端および橋かけアルコキシド基の交換は60McのNMRで観測する限タ,-90Cでも迅速である。高温低濃度では三量体の可逆解離がNMRによって結論される。イソブトキシド,ネオペントキシドは単,二,三量体が混在し,化学シフトの温度および濃度変化が見られる。ジルコニウムとハフニウムのィソプロポキシドは三量体と四量体の混合物となるが,測定分子量は濃度によって変化しない;図1表1参12
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る