{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007886140551   整理番号:68A0138250

膨潤過程における細胞およびミトコンドリアの弾性-数理理論穰亜弾性的および弾性的膨潤におけるウニ(Stγongylocentγotus purpuγatus)の卵細胞の膜領域の微細構造

Elastic-mathematical theory of cells and mitochon-dria in swelling process.VI.Ultrastructure of mem-brane region in egg cell of sea urchin Strongylo-centrotus purpuratus in subelastic and elastic swelling.
著者 (1件):
資料名:
巻: 150  号:ページ: 553-562  発行年: 1968年
JST資料番号: B0207A  ISSN: 0005-2728  CODEN: BBBMBS  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ウニ卵細胞を低張の海水中で膨潤させた後,電子顕微鏡的に微細構造を観察した。表層か粒相の厚さは減少し,か粒は膨潤し,変形する。卵黄か粒やミトコンドリアも膨潤し,小じゅう毛の密度も減少し,細胞の面積は増加した。嫁液の浸透圧をいろいろに変化させたときのこれらの構造の変化の様子を詳しく調べた。細胞の微細構造を詳細に知るためには等張条件を使うよりも低張で浸透圧を変化させる方がよいことを示した;写図7参6

前のページに戻る