{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007886362740   整理番号:68A0165162

周期的な向流プロセスの段効率に及ぼす混合の影響

Effect of mixing on periodic countercurrent processes.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 349-354  発行年: 1968年
JST資料番号: C0385B  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
m段の十分かくはんされたタンクにより液が輸送されている間,各段をモデル化して標記を研究し,塔の段効率の漸近値を解析的に求めた。有限な段数の塔での漸近値と実際の値の差は段数に逆比例。また,この場合の塔を数値的に計算。輸送数ηを段の液ホールドアップ量に対するサイクル当りの輸送液量の比として定義。これは実際に容易に制御できる重要なパラメータである。押し出し流れ(m=∞)のときの最大段効率は物=1で与えられ,mが有限である実際の場合の最大段効率を与える写は1より大きい;写図5参7
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る